読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨシコの中国語学習記録

英語上達完全マップの要領で中国語を学習してみる記録

書評: 「Why?にこたえるはじめての中国語の文法書」

はい、記念すべき、書評の一発目は「Why?にこたえるはじめての中国語の文法書」です。ジャジャーン。(2015/09/17 追記更新)

Why?にこたえるはじめての中国語の文法書

Why?にこたえるはじめての中国語の文法書

 

この本は間違いなく「買い」です。さぁ、迷ってるあなたは買いに行きましょう。
一通り全ての項目がまとまっている文法書です。
外国語を学ぶ大人は、文法なしでは生きていけません。
内容の充実に加え、この分量でこの値段というのも素晴らしい!!
割とマニアックな文法規則も、小さい文字で端っこに載ってたりします。
とりあえずこの一冊を端から端まで読めば、「一通りの文法項目を把握した」という状態まで行けると思われます。

・・・が、いかんせん分厚いので、途中で断念するかもしれません(^_^;)(経験者w)
断念しても捨てずに持っておきましょう。中国語を続ける限り、いつかまた読む日が来る事でしょう。(経験者ww)

 

ちなみに欠点を少し書くと、中国語で中国語を学んだ人(意味分かるかな?中国に派遣されちゃって、いきなり中国の語学学校で勉強した、とかそういうパターンの人)には、独特の文法表現が出てくるところは意味を理解しにくいかもしれません。
(「シテ」と「ウケテ」とか。)
それと、中国語での文法用語と、日本語での文法用語が入り混じってる(と思う。何かルールがあるのか?)のも玉に瑕。
(「主語」は中国語でも「主语」なのでいいとしても、「述語」は中国語では「谓语」だし・・・)
とにかく、中国語による文法説明(他で出会う)との対応が何だか分かりにくい。
統一するか、きちんとルールを最初に明記するべきだと思う。
(実は途中のおまけ的な部分に、言い訳のように書いてあるんだけど、そんなところに書くな!と思った)

もう一つの欠点(?)は、個人的な感触だけど、練習問題の質が微妙。
翻訳問題も多く、何故この文法項目に対してこれをやらせるのだろう、という微妙な問題が多いので、やってもあまり勉強にならない気がしている。でも、「この項目をやったぜ!」という気分にはなれる。w

あと一つ、割と大事(な気がする)文法項目が、何故か枠外に小さい字でおまけのように書いてある事が結構ある。「初心者に大意をつかんで欲しい」という事なのかもしれないけど、すぐにぶつかる壁なのにそんな枠外扱いかよ、と思う事もある。(でも、書いてはあるんだけど。。。)

 

とまぁ、微妙な点もあるにはあるけど、やはり文法書の中では私としては一番のお勧めです。