読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨシコの中国語学習記録

英語上達完全マップの要領で中国語を学習してみる記録

続々々・荷物の行方

中国生活

はい、スペインからの荷物ですが、無事に受け取りました!!!イェ~イ!\(^o^)/
配達員さんから午前中に電話が掛かって来て、「住所がはっきり書いてないんだけど、どこですかね?」と聞かれた以外は、非常にスムーズ。事前に税金の金額も教えてくれたので現金も用意してたけど、「カード払いできますよ。その方がジャリ銭もいらなくて簡単だから」と言われ、結局その場でカード払いした。
そして、どうやら、税金の領収に関して領収証を発行してくれるらしい。そのための伝票記入がなかなか謎で、「开票抬头を記入してくれ」とか言われて、「え?开票抬头って何?」ってなったけど・・・(^_^;)
「その名義で発行するけど、会社の名前でもいいし個人の名前でもいいよ」と言う話だったので、とりあえず税金の申告に使った会社名を略称で書いておいた。
・・・む。今調べた。辞書によると、「旧時、書簡文や公文書で敬意を表すために相手に関する表現を行を改めて書くこと。現在では領収書などで受取人の名を書くところ」だそうだ。まさに、会社名でも個人名でも良い、というその通りやなぁ。。。(^_^;)
しかし、別組織の名前を書いてうちの会社で受け取ろうとしてるんだけど、大丈夫かなぁ・・・しかも、住所もビル名を書きそびれたし(だって、会社名の漢字を覚えてないんだもの)、本当に届くのか?って感じだけど、まぁ届かなくても困らないしどっちでもいいや。すごくまじめに「7営業日ほどで届きます」と言われたけど。(^_^;)

なんか、TNT、いい会社やなーと思った。
電話の人もみんなすごく親切で、配達の人までマイルドだったし。中国っぽくない(笑)

しかし税金はひどい額を取られた。69€と聞いてたんだけど、538.65人民元。。今のレートだと480元ぐらいの筈なのに、一体どういう計算だよ・・・。余裕で1万円超えてるし。
送料で42€、税金が69€。。。1万5千円程も無駄出費か。。やれやれ。(-_-;)
やっぱこれって失敗だったのかなぁ・・・
でも、年末で帰国する友人に対するプレゼントもできたし(いや、別口で「皆で贈り物しましょう~」って奴にも既に参加済みだけど)、まぁ良しとしよ。。

ところで、実は今回の本命の品物は、日本で買うと大体2万4千円ぐらいの物で、スペインでの売り値は105€程(今のレートで14000円程)。
単体で買うと、送料の40€(5500円程)が惜しすぎるという事で、ついでにいろいろ他の物も買ったんだけど(送料は同じ)、実は、他の物を買わなければ、税金は掛からなかったっぽい。結果的に、税金の限度額を超えて、全部に税金が掛かったなんてアホだ。。


・・・過ぎた事をウジウジ考えても仕方ないんだけどさ。事実は直視しないとね。